Google Maps APIsを使って差をつけよう

  • GoogleMapsAPIsのマーカーを活用

    • アプリやホームページ上で地図を表示させたいときには、GoogleMapsAPIsを使います。GoogleMapsAPIsを使うためには、前準備としてAPIキーと呼ばれるものを取得します。


      APIキーの取得に関しては、いろいろなサイトで解説されているので、それに従って取得しましょう。ホームページで地図を使うか、アプリで使うか決める箇所があるので間違えないようにするといいです。


      APIキーが取得できたら、実際にコードを打ち込んでいきます。

      GoogleMapsAPIsを使ってできることは、地図の表示とマーカーの表示をすることです。

      Google Maps APIsが気になる方に必見の情報です。

      ユーザーに対して、表示したい情報があるけど地図だけでは意味があります。

      お店の情報や物件や目的地の場所はマーカーとして表示することで、視覚的にわかりやすいです。
      GoogleMapsAPIsにはマーカーの初期画像がありますが、開発者が作成した画像を使うこともできます。

      使うホームページやアプリに合わせて画像を変更しておくといいでしょう。



      マーカーの表示は一つだけでなく、複数行うこともできます。
      検索キーワードで地図を表示するときには複数のマーカーを表示させるといいでしょう。
      マーカーを押したときのアクションとして、お店の名前や住所や電話番号といった情報を載せることもできます。
      表示の仕方に関しても公式のドキュメントがあるので参考にしましょう。


      マーカーを使うことで、地図上の情報をわかりやすく伝えることができます。