Google Maps APIsを使って差をつけよう

  • Google Maps APIsを使って差をつけよう

    • ウェブサイトの多くが、自社へのアクセスやお店へのアクセス方法の紹介の中でグーグルマップを利用しています。
      従来であれば、駅からのルート地図をイラストで作成し、それをホームページに掲載していたものが、今では手を掛けずに利便性が高いグーグルマップを掲載することが可能です。

      地図を掲載する時には、GoogleMapsAPIsを使う方法と使わない方法があります。GoogleMapsAPIsはグーグルマップが持つ機能を最大限に利用可能にするアプリケーションインターフェースです。

      使わないで掲載した場合には最小限の機能を維持した形で地図を利用する形になります。

      競合するお店や企業が多い業種など、他の店舗や会社も同じようにグーグルマップをアクセス紹介の中で利用しているかと思われますが、他との差別化はビジネスの中でも有利なものになってくれます。

      こだわるならGoogle Maps APIsに関してお困りですか。

      GoogleMapsAPIsの使い方などはチュートリアルを利用する方法、情報サイトを使って学習する方法などがあります。

      基本的に必要なことはJavaScriptを把握することです。



      JavaScriptプログラムやオブジェクト指向プログラミングの知識を持つことで、GoogleMapsAPIsを使いこなせるようになりますし、グーグルマップのチュートリアルページ内には多数のサンプルコードが用意してあるので、それぞれのインターフェースがどのような効果を作り出すのか、視覚的に勉強することも出来ます。